矯正治療について

主な症例と矯正歯科治療後の状態を紹介します。
あなたの歯はどうですか?

不正咬合の種類と治療結果

歯がはえる場所がなく、でこぼこしています。永久歯の抜去が必要なこともあります。
上下のあごの大きさのずれによるものが多く、小児期からの治療を要します。
上の歯が出てたり、下顎が小さい場合です。下顎を大きくする治療も行われます。
指しゃぶりや舌のくせが原因です。

bar

矯正歯科治療について

矯正歯科治療では様々な装置が使われますが、ここではよく使う装置について説明します。
ブラケットというと、この金属製のものが一般的でした。
当院では一期治療(小学校低学年)で短期間(6〜10か月)使用する場合のみ、このメタルブラケットを使っています。
最近ではカラフルな結紮ゴムも出てきていますので、子どもたちは喜んでいます。
硬質レジンあるいはセラミックでできたブラケットはあまり目立ちません。当院ではほとんどの症例でこの審美的ブラケットを使用しています。近くでよく見ないと装置をつけていることはわかりません。
受け口の患者さんに使用します。上あごの成長を促進し、下あごの成長を抑制して上下のあごのずれを是正します。学校から帰ってから使用してもらっています。これまで300人以上に使っていますが、大げさな装置のわりには、子どもたちはすぐに慣れます。小学校低学年に、1,2年間使用します。
下あごが小さく、上の歯が飛び出ている上顎前突の患者さんに使います。下あごの成長を促進し、噛み合わせを治します。8歳から12歳ころに1,2年間使用します。

bar

参考になるサイト・雑誌

日本臨床矯正歯科医会

http://www.orthod.or.jp/
全国の矯正単科で開業している400名以上の団体です。HPには認定医の検索やQ &A、矯正例などが載っています。転勤などで転医が必要な場合は当院ではこの会の転医制度の則り、料金の清算や転医依頼を行っています。

ハロー!スマイル 今からはじめるおとなの矯正歯科治療

(小学館スクウェア 1000円)

広瀬矯正歯科クリニック
弘前市代官町41